放浪者の日記

Seven Seas(七海)・・・エリカ(123)
CelestialCall(天呼)・・・クニーR(895)
戯書 = タワムレガキ =・・・クニーR(806)
Ikki Fantasy(一揆)・・・クニーR(197)
Sicx Lives(六命)…クニーR(78)・エリカ(123)
False Island(偽島)・・・クニーR(205)
ALIVE・・・クニーR(1155)
<< WANDERER第十一話〜地底湖の魔神〜 | main | いただきもの >>
WANDERER第十二話〜魔神の落とし子〜
【あらすじ】
「神降ろし」により魔人となったメル。
果たしてメルを元に戻す方法はあるのか?ついに最終話。

【NPC紹介】
  
魔人メル
記憶をなくしたダークエルフの少年。
《神降ろし》により魔神メルドヴァルデの力を宿した。
強大な魔力を纏っている。

 
魔神メルドヴァルデ
《神降ろし》により復元された魔神メルドヴァルデの残滓の集合体。
依代となったメルの姿によく似ている。

※魔神の盾、迸る闇、滾る闇、流る闇、汰る闇、溢る闇はアイコンなし。

 
グリムドール
紺碧のローブを目深に被った占星術師。
メル同様ビッグアイに操られていたようだ。

    
メル(裸)

    
メル(ケープ)

【解説】
『戯書』本編に「エピローグ」という話が登場したので慌てて作りました。
最終話はメルを助けるか殺すか選ぶ二択(二話)にするのも面白いかと思ってました。
いろいろ詰め込みすぎてよくわからなくなっているかもしれません。

悲惨な目に遭い続けてきたメルですが、最終的にハーレム状態で本望でしょう。
エリカがメルを抱き締めたのは魔力の暴走、爆発を自分の体で少しでも押え込もうという考えですが、
街が消し飛ぶレベルの爆発を人間の体で防げるわけがないので完全に無駄死にですね。

エリカと命運を共にするユリアやメルを利用する代わりに
エリカとユリアを助ける約束をしたアンジュが行動を共にするのはまだしも。
メルとの絡みが薄く、我先に逃げ出しそうなパインがメルのために命をかけるはちょっと説得力がないなと。

結果的に愛の力で助かったような表現になってますが、
本当はグリムドールの持っていた「黒のオーブ」の効果です。
「黒のオーブ」は本編でウラガンやドローマが所持している読み手(NPCには無効)の能力を下げるスキルです。
メルはNPC(あの世界の住人)ではなく、読み手側の人間という設定なので「黒のオーブ」に魔力を吸われ、
このままではまずいと思ったメルドヴァルデがメルの中から抜け出したという設定です。

個人的にはクレハムーンがただの嫌な女で終わらず、
ヴォルヴェリオスにも見せ場を持たせられたのはよかったかなと。
アンジェロはちょっと可愛そう。

心残りは部外者だったアンジュやアンジェロがなぜ騎士団に入れて、
グリムドールが伯爵の側近になれたのか。その辺が説明不足ですね。

グリムドールの詳細はまだ決めていません。
本人が言うように魔神を封印するために旅をしているだけなのか。
そう見せかけて本当は魔神を完全復活させるために暗躍しているのか。
ビッグアイの本体が実はグリムドール(その際は碧眼になる)だったとか。
肌の色的にダークエルフでメルの近親者で、ダークエルフの話に発展するとか。
読み手からもらったアイデアとして「別の時系列から来たメル本人」というのが個人的に一番好きです。

この全十二話のメル関連の物語を最終話のタイトルにちなんで「魔神の落とし子編」と名付けました。
戯書が今後も続くようなら、今後も短編を書くかもしれませんが、ひとまず異本『WANDERER』はこれで終了します。

読んでくださった皆さん本当にありがとうございました。
そして発表の場がなかった話に陽の目を当てる機会をくれた栗鼠氏に感謝します。
| 異本 | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE