放浪者の日記

Seven Seas(七海)・・・エリカ(123)
CelestialCall(天呼)・・・クニーR(895)
戯書 = タワムレガキ =・・・クニーR(806)
Ikki Fantasy(一揆)・・・クニーR(197)
Sicx Lives(六命)…クニーR(78)・エリカ(123)
False Island(偽島)・・・クニーR(205)
ALIVE・・・クニーR(1155)
<< 第19回作成メモ | main | 探索19日目 VSバーニィ >>
WANDERER 生まれた場所
遊(502)さんからの質問「生まれた国」に対する回答一覧です。
便宜上「国」限定ではなく「場所」としています。


クニー(394)からのメッセージ:
クニー「優の国は今は平和なんだな。オレはエルフの森の生まれだが、物心ついた頃には放浪していた。なのでオレには国と呼べるものはないな」


ヤミ(168)からのメッセージ:
ヤミ「……と、国テすか……ンー、生まれ故郷は確か割とのどかナ所テしたよ。もう十数年は足を運んでまセんけど……」


たつみ(189)からのメッセージ:
龍閃刀サイハ「わちらの国は…争いの絶えない世界じゃよ。各国に、守護の存在があって、それぞれの民を護っておる。>アミィ」
龍閃刀サイハ「…穏便な世界とは、程遠い…だが、そんな中でも皆が懸命に生きている世界じゃ…。」


ティカ(449)からのメッセージ:
ティカ「国?ティカのうまれたとこは、みどりの濃い森の中だったよ。海はなかったけど、沢がきれいでね…花や果物もたくさんあって、みんな芸術を愛していたよ。」


ピンキーモモピーチ(494)からのメッセージ:
ピンキーモモピーチ「で、あたしの国、いや故郷と言った方がいいかねぇ。も、国家間戦争てのは聞かないねぇ…国境間の小競り合いはあるかもしれないけどね」


フェンネル(600)からのメッセージ:
>ナズさん
「国…という大きな話だと……僕はよくわかんないな。僕は森の中で育ったから。時折、買出しのために街にいくことはあったけどね♪」


ロウヒ(620)からのメッセージ:
ロウヒ「あたしの生まれた国は、北国なんだよ。一年の季節が夏と冬の二つしかなくて、陽の沈まない日と陽が昇らない日がある不思議な土地でね。冬の空には星と極光がそれは綺麗な場所なんだよ。
…まあ、住むには厳しい場所ではあるんだけどね。」


モコ(918)からのメッセージ:
モコ「生まれた所は東洋にある小さな島国の北、湖、です。」


メロウ(1085)からのメッセージ:
メロウ「俺の故郷は北方にある小さな港町でな、それこそ平和なだけが取り柄というか何もない町だったな」


ごんた(57)からのメッセージ:
ごんた「ん?巣が作られてる間に話しが…。生まれた国の話しか?」
ごんた「国は大東、とだけ。あまり生まれた場所のことまでは、思い出したくないな…。」


ハル(324)からのメッセージ:
ハル「どんなところで生まれたか・・・かー。酸素が薄いとこで生まれたぜ上っ側の。
俺様達が住むには不自由しねーけど、人間の住んでいるとことは違うからなー」
ハル「ま、人間が住んでるとこの方が俺様は好きだな、生活感あるほうがあったけぇ」


アミィ(327)からのメッセージ:
アミィ「わあ、みんなイロイロなところで生まれたのネ! 今度はみんなの国を旅するのも楽しいカナ。…アミィ? アミィの生まれたところはネ…知らないの! でも、パパとママが暮らしていたところヨ」


竜胆(426)からのメッセージ:
竜胆「どんな所で、ねぇ……僕はそもそも『生まれたことがない』からそんなものはない、な」


クインス(588)からのメッセージ:
クインス「私は、この島からは遠く離れた森の中で。
街が大分遠く、便利とはいえませんでしたけれど。季節と共に色を変える、ブナやカエデの木々…とても美しかったんですよ。フフ。」


ロジュ(628)からのメッセージ:
ロジュ「(突然小さくなった姿でひょこっと現れ、きょろきょろ)なんだなんだ、うまれコキョウのハナシをしてるのか?」
ロジュ「みな知ってると思うけど、ロジュは小さな島からきたんだ。浅瀬が多くて、入り江がふたつだけ…他のところからは島に入るのが難しい。深い森と、深い湖がある」
ジャファル「誤解されがちだが、“ヤディカ”は島の名前ではない。我々の郷里、名も無き島に住まう民の総称だ」


ソウ(903)からのメッセージ:
ソウ「うまれた?ソウがうまれたとこ?…???」
ソウ「…わかんない」
マギー「ソウは私と会う前の事、分からないもんね…。何処で生まれたか調べてあげたいけど、どうしたらいいもんか」
マギー「ちなみに私は北西の街で生まれたよ。結構にぎやかな所さ。商人が沢山いてね。…旦那も同じ街の生まれで、幼馴染なんだよね。」


猛禽(1218)からのメッセージ:
猛禽「俺の生まれ育った巣は、ここからだと随分北の方になるな。
 高い山の中だし、もう少ししたら雪が降り始める頃だぜ。
 巣は、その山の中にある断崖に開いた洞窟。まぁ、並の人間が入ってくるのは無理だろうな。
 Once 冒険者が崖をよじ登ってきて来たこともあったけどね。」
猛禽「あの時って、僕達の宝物を盗みに来たっぽいんだけど、
 よじ登るだけで疲れちゃって、バテちゃったんだよねぇ。
 それで、お父さんが世話してあげたら、なんだかそんな気分にもなくなっちゃって、
 いっぱいおしゃべりしちゃったなぁ。あの人、今どうしてるんだろ。」
猛禽「上空から飛んでても、あの山は綺麗なんだけど、
 その人が教えてくれた滝のある場所が絶景なんだよ!
 みんなにも、見せてあげたいな。」
猛禽「・・・・・て、あ゛喋り間違えて・・・・え、えっと・・・・
 ま、まぁ、ちょっと、Talk が過ぎちまったが、機会があったら訪れてみるのも Not bad だぜ。」


みかん(1353)からのメッセージ:
みかん「ん?故郷の話け?ウチの故郷は秀真っち呼ばれとぉ島国にある半島地方の所領やね。砂富領ち呼ばれちょったわ。」
みかん「なんがあるわけでもなかけんど、長閑で平和でええとこやよ。ウチにゃちぃと狭くて退屈やったけんどな(笑)」


アカネ(210)からのメッセージ:
アカネ「うぉ、故郷の話か・・・!私の生まれたエナ国は、人とエルフが共存する国よ^^ 国を治める王は私の父でもあるのよ。」
アカネ「でも・・・大昔は今のように平和じゃなかったわ・・・。人とエルフの戦争が頻繁だったようね;」
アカネ「どうやって共存するようになったのかは、未だ勉強不足で解らないや;一応、色々歴史を学んだはずなんだけど・・・」


ビッケ(500)からのメッセージ:
ビッケ「おいらが育ったトコロは森の中にあるちいさな村だよ。村の中にビックリするくらい大きな木がひとつあってね、村をまもってくれてるんだ。」


ルカ(555)からのメッセージ:
ルカ「生まれたところ。お母さんのお腹から生まれてきたよ!おんぎゃー!」


熱血冒険家セリュー(690)からのメッセージ:
熱血冒険家セリュー「故郷の話か〜。俺はギリシャのサントリーニ島で生まれたんだ。エーゲ海に浮かぶ小さな島だよ。」


薫子(921)からのメッセージ:
薫子「私の故郷は…東の方とだけ言っておこうかしらね。仕事の都合上、細かいところは言えないのよ」


ラウエル兄妹(1627)からのメッセージ:
カノエル「生まれた場所ですの…?わたくしたち兄弟は、魔界で一番寒いと言われている所で生まれましたわ」
クェリ「冬以外の時期はずっと霧に包まれているような場所で…冬はそれこそ雪ばかりだったな。はは、だからこの島は少し暑いくらいだ(笑)」


レティ(1185)からのメッセージ:
「いやあ、吟遊詩人なんてカッコいいもんじゃないですよー。
 あ、そういえば皆さん、今は故郷のことを話してるみたいですね?」
「私の故郷はですね、すごく深い森の中の集落なんです。
 そう、まるで時が止まったみたいな静かな森です」


リゼ(1728)からのメッセージ:
リゼ「え?生まれた場所……ですの?(小首を傾げ)
わたしの生まれた場所は、この島付近の地図には載らない、遠い場所にある大陸の、森と湖がとても綺麗な国ですの」


ナズ(502)からのメッセージ:
ナズ「あ、えっとあたしの故郷はね、切り立った崖の上にある町なんだ!町へ上るにはでーっかい鳥のリフトを使う所でね、風に守られた綺麗な場所なんだよ!(にひ、と笑った)」


セス様(263)からのメッセージ:
セス様「生まれは…はて?国名は忘れましたが…あれ、私いつ生まれたんでしたっけ?」


ハイロ(801)からのメッセージ:
ハイロ「島に来た目的か…気がついたらここに居たから分からないんだ。どうやら記憶が無いらしくてね。どこで生まれて何をしていたかも不明だ。面倒な感じですまないが。」


シュレーディンガー(2053)からのメッセージ:
シュレーディンガー「生まれた国かにゃ・・・・ とりあえず強大な国」


ハリー(438)からのメッセージ:
ハリー「おっと、報告するのを忘れていた。島に来た目的は遺跡の調査および財宝の回収任務。今しがた占って貰ったら運命の輪というカードが出た。悪くない結果のようだ。暗器は携帯スコップ。丈夫なので、いざという時武器として使える。生まれた国か、難民だったから覚えてないな。…っと話が長くなってしまったな、すまない。ヨロシク頼む。」


キア(716)からのメッセージ:
キア「生まれた国は…此処からずっと遠くの大公国の一つです。雨が少なめで、海はありませんが川や湖のある良い場所ですよ。」
キア「(頬を指で軽く掻いて)ええ、国は少なくとも自給ができる程度には豊かな所ですよ。軍馬とバラの産地になっていて、季節が来ればバラの収穫祭も行われたりするんです。」
キア「(クニーに)そうですね、機械や交通があまり発達していない所なので…ああ、車も無いんですよ?だから空気や植物はとても綺麗だと思います。」
キア「クニーさんが故郷に来たらきっと知人は皆びっくりするでしょうね。何せメトセラとテラン以外は国の殆どの人が見たこと無いって言うと思いますから。」
キア「僕は「テラン」に属しています。といっても「テラン」の中には「人間」と「ルナティコ」しか居ないんです。「メトセラ」の中には何種か居るようなんですけれど…メトセラの方は保守派が大半で、まだ古い時代のヒエラルキーも残っているので僕達には血筋を明かしてくれなくて。」


手凶拳ジャス(1003)からのメッセージ:
黒手凶拳ジャス「(修得したい技能:)条件を無視するならば催眠術、そうでなければ徒手空拳であろうな。
(生まれた国:)…俺は生まれた場所は不明だ…成長した場所ならば…そうだな、魔科学が非常に発達していたシティだ…」
黒手凶拳ジャス「そのシティは、今は既に滅んだがな。」


氷風の魔女レイリス(610)からのメッセージ:
氷風の魔女レイリス「私の生まれた国は自然に囲まれた小さな国だったのですが、今はもう…」


ロタ(2066)からのメッセージ:
ロタ「生まれたところは山の中で……えーと、ここからずっと東にある小さな島国にあります」
ロタ「海に囲まれてていつも波が荒いところなんですけど、私が出発するときは特に大荒れで……。大変でした(遠い目)」


ロスト(204)からのメッセージ:
ロスト「生まれた国…か。ずいぶん昔になくなってしまったが、のどかで緑が豊かな小国だったよ。」)


カレン(158)からのメッセージ:
カレン「生まれたのは西方の国、竜の伝説のある大陸の出身よ。とは言え、両親は別の国の出なんだけど・・・。」


レク(2175)からのメッセージ:
レク「私が生まれた場所はあっちのほうにある木々の生い茂った森の中にあるぞ(指を指し)」


レシル(2176)からのメッセージ:
レシル「生まれた国は…ここより宝石も美味しいものもいっぱいあった…(しょぼ)」


クアドリ(2112)からのメッセージ:
クアドリ「…ああ、そういえば生まれた国について何も言ってなかったね。
北西の国の生まれで、住んでいた所は人気の無い山岳。


ルビー(68)からのメッセージ:
「あ、そうだわ。次の質問は出身地ね」
「大きな国よ、周りの国と争ったりはしてないわ、交易は盛んだけれど。
私は大陸の東果ての港町に住んでいたの。
私の家は海沿いだけれど、街の後ろは山地でね、実家はそっちの方にある……にゃん♪」


アリア(357)からのメッセージ:
アリア「うまれたくにーは、白い所だったのですよ。雪原の中にあるまほーの力でまもられた動物達の国、ってししょーいってました」


千歳と千里(440)からのメッセージ:
千里「生まれた国。
えっと、水が豊かで貿易も盛んな港町です。渡し船も多かったです」


シリル(131)からのメッセージ:
シリル「出身地は・・・フォーセリアのアレクラスト大陸の南にあるロードス島の、アラニアの出身。 賢者の学院あたりが有名かしら。」


射光のフィス(1839)からのメッセージ:
射光のフィス「えー・・・っと、質問質問。
次は…「生まれた国」かな」
射光のフィス「年中・・・と言うわけじゃないけど半年ぐらいは雪に囲まれた国だね。
寒い所の出だからかわからないけど暑いのは苦手なんだ…」
| コミュ・質問 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE